上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大会用に組んだデッキ。ミカデッキで勝てそうにないメタデッキがいた場合、またはその様な環境になっていた時用に組みました。

回った時の瞬殺力は中々ですが、ミカに比べて安定性の方で問題があると思ってます。
まぁネタデッキが関の山かな・・・

それでも虚空シリーズが出て、バリエーションが豊富になったなと思います。
自分の好きなネクサスを採用できるのもこのデッキの特徴の一つですね。

兎にも角にも表彰台を引き込まないと始まりません。ミカを引き込んだら終わるアチラのデッキとはこの点が決定的な違いだと思います。
表彰台を引き込む要員にスワロウアイヴィーを搭載してます。

表彰台が来たら即LV2にして、手札のネクサスを貼るのが良いと思います。
ゴドフリとの関係を考えると、ストームで捨てるべきか、表彰台引き込んだ際のプレイ用に手札に残すか、慎重な判断が求められます。結構頭使うんですよね・・
捨てても良いカードと、出来るだけ直ぐに貼りたいカードの優先順位を考えておくとスムーズにプレイができます。
ゴドフリ待ちでネクサスを優先的に捨てた結果、ゴドフリより先に表彰台を引いてしまった・・・なんて事も結構あります。ドロー系やコアブースト系のどちらかは握ったままの方が良いと思います。

初手に表彰台、果実or千本槍、百識でもあればかなり有利なんですけどね。
このデッキは初手に表彰台があるか無いかで速度が桁違いに変化してしまいます。

表彰台でデッキを掘り始めたら、頑張って祈祷師かコールを引き込んで下さい。この辺の引きも結構左右されますけど・・
ゴドフリ蘇生で表彰台LV2と合わせれば一気にコア加速可能です。同じ事がライナ兄弟でも可能です。
溜まったコアでゴレムを展開し相手のデッキを15枚削りましょう。後はゴレムをコア移動で殺し、再度祈祷師かコールで蘇生すればOKです。
デッキの基本枚数は40~45枚のハズですので、ゴレム召喚時効果を3回で勝ち確定、2回+アタック時効果でも勝ち確定だと思います。

保険とスピリット枚数的に不安だったので、アルダスをピン挿ししてみました。
Vファイヤの採用率が上がっているそうなので、コイツは複数挿しても良いかなと思います。
どちらの効果も非常に頼もしいです。

このデッキは人によりパターンがかなり異なるので、自分に合うバランスを見つけるのも楽しみの一つだと思います。


○とある表彰台の機動要塞砲○

[スピリット 12枚]
8(3) 武器コレクターのゴドフリー×2
8(4) 機動要塞キャッスル・ゴレム×2
5(3) 巨人騎士アルダス
5(2) スワロウアイヴィー×2
4(2) ドラグノ祈祷師×3
4(2) 調教師ライナ兄弟×2

[マジック 10枚]
4(3) マインドコントロール×3
4(2) サイレントウォール×3
4(2) コールオブロスト
2(1) ストームドロー×3

[ネクサス 20枚]
6(3) 千本槍の古戦場×2
6(3) 魔帝の墓標×2
5(2) 無限蟲の蟻塚
4(3) 栄光の表彰台×3
4(3) 命の果実×3
4(2) 百識の谷×3
4(2) 夢魔の寝所×2
3(2) 力奪う凱旋門×2
3(2) 古代闘技場
3(2) 侵されざる聖域
スポンサーサイト
2009.10.13 超装甲デッキ
遊戯王では「千年の盾」が魂のカードです。

バトスピでは守っているだけでも勝てる状況を作り出せる為、守り好きな私にとって非常に素晴らしい環境であったと言えます。
守備力って素晴らしいよね。カウンターダメージって甘美な響きだよね。

このデッキは当初は勝つ気などさらさらなく、相手に「もう越えられねーよ」と諦めて貰うのがコンセプトでした。
ですが、フリーデンが出た事により、このデッキが一転して戦うデッキと相成りました。

最終的にはフリーデンまで呼んで相手の場を焼き尽くすのが目的ですが、そこに辿り着くまでひたすら守りに徹します。
このデッキのアタッカーはフリーデンのみです。
途中経過として、マンモール+オデン+グラン+聖域+フレイアで鉄壁です。美しいくらいに完全無比です。
まぁリボンでオデン消して、聖域割られると瓦解しますけど・・・そうそうそんな状況には当たらないか。

このデッキは武装ビートも内包しており、序盤は武装持ちを展開し、相手モンを牽制しつつ、ネクサス極光の大地でコアブーストを図ります。
コアが溜まり次第、スルトに繋ぎ、最終的に聖域+マンモに繋げるのが理想的です。

装甲も意識して搭載しました。特に対白にも強いスルトは非常に頼りになります。下級は嫌いな紫を意識してます。

他には、白のお家芸のドリーム系も何も考えずフル搭載。さらに鉄壁デッキのお供、ピュアエリクサーもフル搭載です。
このデッキは基本的にガン待ちスタイルで、チャンプしてきた相手モンを高BPスピで割りながら、こちらのスピが全部寝た所へのアタックをピュアエリで奇襲&返り討ちするプレイングです。相手にしてみたら嫌らしい事この上ないと思います。

デッキ速度は超低速です。その分、守り系のカードが多いのでウィニーにも対応可能だと思います。
枚数はかなり嵩んでますが、楽しいのでこのままで良いかと思ってます。スピリットのバランスとか、リボンとチェストのバランスはもう少し改良できるなと思いますが・・・

基本的なビートデッキ相手ならばどの色とでも対等に戦えるオールラウンダーデッキだと思います。


○鉄壁の美学○

[スピリット 28枚]
9(6) 聖皇ジークフリーデン
8(3) 極甲王グラン・トルタス
8(4) 凍獣マン・モール×2
6(4) 要塞皇オーディーン
7(3) 硝子の女神フレイア
5(2) 鋼人スルト×3
5(2) 人馬機兵アトリーズ
3(2) ガトリングスタンド×3
3(2) ウル・ディーネ×2
2(2) 機人エムブラ×3
2(1) 盾精ラングリーズ×3
2(1) ヒトデム
1(1) スフィアロイド×3
1(0) ヴィゾフニル×3

[マジック 18枚]
5(3) ドリームチェスト×3
4(3) ドリームリボン×3
4(2) サイレントウォール×3
4(2) ダブルドロー×3
3(2) ピュアエリクサー×3
2(1) ストームドロー×3

[ネクサス 7枚]
4(2) 極光の大地×2
4(2) 生み出される尖兵
3(2) 時止まりの氷原×2
3(2) 侵されざる聖域×2
当初の予定では、バトスピは大会用デッキのみ1個所持で良いだろ・・と思っていたのですが、フリーバトルも何かと楽しくて、で、そんな場所で1killデッキを使うのは相手に申し訳ないので、適当なフリー用デッキも持つことになりました。

気付けばデッキも3個になって、これ以上内容が激変することもないのでこの辺で所持デッキを書き残しておこうと思い至りました。
レシピを晒さなかった理由にバトスピのCGIとか無いので、どの様な形式で書き綴ればいいのかわからなかったってのがあります。
どうしたら見やすくなるのかわからなかったので、デッキレシピの項目は作らなくても良いかと考えてました。
でもやっぱり現状使ってるデッキは記録に残して置きたかったので・・・まぁ細かい話はどうでも良いか。

まずはメインデッキ。大会用のガチデッキです。
ミカって本当に「僕が考えた最強カード」って感じですよね。バトスピくらいじゃないの?こんな強烈なカードまだ使って良いって環境は。

とりあえず好きな黄色でデッキが組めて、かなり強いってんで気に入ってます。かわいくて強いを地で行くデッキを目指したいですね。

序盤はクレイオ+2コススピリットのドロー加速に加え、大聖堂によりコアブーストを狙います。
クレイオ及び大聖堂の効果はそれぞれ重複するので、並べれば並べただけ加速が可能です。
基本は待ちの姿勢で、アタックされたら2コススピリットで自殺ブロックでブーストします。
またはコリスタルの自壊効果やピヨン等のチャンプアタックで相手に割って貰うのもアリです。こちらは相手によってはブーストされるのを嫌ってライフ受けする場合もありますが、それはそれでライフ削ってるので問題ないと考えて良いでしょう(相手に1コア与えてしまうので、出来れば相手LPは削りたく無いですが)。

そして手札にミカを引き込んだらコンボ開始です。ミカを出す前に軽減で0コス展開できるスピリットは可能な限り(ミカ召喚時に自壊させても良いくらい)出した方が良いでしょう。ミカのめくり効果を有効に活用できます。
その後は手札に来たドローソースやタイムリープで回し、最終的に場にミカ、ヴァリ、手札にタイムリープ、手札かトラッシュにリープ2枚目、シャイニングマジック、マジックハンマーが揃えば勝ちです。後は相手に「ループ入りますけど・・」と控えめに聞けばOKですね。

要はこの状態に持っていくまでにどれだけ耐えるかがプレイングだと思います。初っ端からミカ、サイレント、ドローソース数枚とか握ってれば何て事は無いのですが、そんなうまくは行かないので・・・
ミカを引き込むのが前程ですが、ミカがトラッシュ落ちしてもトリプラで回収できますし、各種マジックはほぼ黄色で固めてあるので、ヴァリエルで回収が可能です。
このデッキで強いと思っているのはミカ、ヴァリ、トリプラでお互いを回収可能な関係にしている事でしょうか。どれかが落ちても、他のどれかで拾えるので、キーカードが落ちて即諦めって状態になり難いようにしてます。

ミカのめくり効果とマジックブックの効果を有効に使う為に、デッキ内のマジックの枚数がやや多くなっています。
ブリザードウォールは4枚目のサイレントウォールとして利用します。正直、ブリザドも3積みしても良いくらいです。これらを握っているのといないのとでは安定感が段違いです。
枚数増やせばそれだけ引く率も上がりますしね。

回れば勝てるデッキですが、個人的に勝てないと思っているのは紫ですね。
特にロンデス系のコアコントロールしてくる系統は、ミカ出した時に回し切らないと返しのターンでコア除去されてミカが沈みます。
基本低コアで運用するので(マジックにコアを消費する為)、スピリットに乗せられるコアはどうしても必要最低限になってしまうのです。
後は超速攻デッキとか、戦った事はありませんが、厳しいと思います。
このデッキは中速~低速ですので、それ以上の速さのデッキには対処が難しいです。逆に、中速以下のデッキ相手には無類の強さを発揮すると思います。

後はやっぱり凱旋門が厳しいですかね。ミカが来ない時用に黒の妖精を採用してます。これらも複数並べる事で効果が重複し、軽減コストを追加してくれます。
これで無理矢理ドローマジックをプレイしてミカに繋ぎますが、凱旋門でミカが紙になっている時は彼女らが頑張ってくれます。
そして対凱旋門用スピリットの百面相のフラットフェイス(俺の嫁候補)。
白・紫になれるので、サイレント系は使えるようになります。後はヴァリとタイムリープ、シャイニングマジックで延々とサイレントウォールを回収していれば遅延は可能です。
・・・負けないけど勝てない状態ですが。

現在のデッキはこの点を改善してます。その分、枚数が嵩んでますが。
現状デッキは43枚です。デッキは必ず40枚に、と言う方もおりますが、私的にはドローソースが多ければ多少の枚数増は許容範囲だと思ってます。まぁこの辺も改善目標ですかね。

○てんしのおとしもの(振り下ろす的な意味で○

[スピリット 21枚]
大天使ヴァリエル×2
大天使ミカファール
黒の妖精ティ・ターニャ
×3
ダークピヨン×2
百面相のフラットフェイス×2
天使クレイオ×3
アサガオの妖精ナパルコ×2
コリスタル×3
ピヨン×3

[マジック 19枚]
タイムリープ×2
マジックブック×3
ダブルドロー×3
サイレントウォール×3
ブリザードウォール
トリックプランク
イビルオーラ
ストームドロー×3
シャイニングマジック
マジックハンマー

[ネクサス 3枚]
祝福されし大聖堂×3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。